最後のレッスン

最後のレッスン記です。2回分、まとめて。

チェルニー30 30番 

ラストの30番に行ってみました。
ハ長調音階とハノン風の動き。なんとこの30番がチェルニー30中、一番カンタンでした。初の一発OK。happy01

チェルニー30 23番
A(イ長調)で両手の3度音階。指使いはシビアだし、指番号を守ることに苦労しました。先生は「指番号は気にしなくていい」とのことでしたが。

指が鍵盤に残り気味(次の音を弾く時に前の鍵盤から指が離れていない)とご指摘を受けました。これ、以前から言われています。。sweat01

「いつか王子様が」(ジャズアレンジ)
白音符が多いので簡単かと思いきや・・イントロとメロディ部でテンポ変化をもたせたり2コーラス目から転調(GからE♭)してたり、と意外と難しい~sweat01
センスがないのでつらい。
先生からは指使いや曲想のアドバイスをいただきました。

「エンディングはディミニッシュ・コード上のポリ・コード、チェレスタのイメージ」と楽譜に解説が。
何のこと??ポカーン状態(笑)ですわ。 チェレスタとは鍵盤楽器の一種で、有名な「ハリー・ポッター ヘドウィグのテーマ 」のイントロに使われています。
ほー知りませんでした。 確かにこの「いつか王子様が」のエンディングは高音部のみなので、チェレスタなのかな、と納得。 それにしても不協和音だらけなので楽譜通り弾けているのかわからないのが情けない。。crying

なんとか弾けたのでこれからも弾き込んでいって保持したいと思います。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:

ラスト2回のレッスンは充実したものでした。そして先生へのメッセージは手紙に託しました。内容は辞める理由・辞める決心に至るまで悩んだこと・感謝の気持ち・・・正直に書きました。
メールで返信があり「いつでも戻ってきてください。今度は気軽に。」とありました。
今思えば、発表会前はひどく焦っていたのだと反省させられます。 辞めるのはほんと寂しい。いつか戻るかもしれません。

レッスンを辞めることで、気持ちが脱力した状態となり・・ブログからも離れてしまっていまいまして、大変失礼いたしました。m(__)msweat01sweat01

来年からは、別の方向から練習にかかる予定です。他でレッスンにも通いますがsweat01 ピアノレッスンというより音楽レッスンになりそうです。 今はチェルニーのプレッシャーから解放され、うれしいような寂しいような(笑) 複雑な心境です。。

来年からはピアノ練習や音楽で感じたことなどを記事にしたいと思っています。
しばらく放置してしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします。<m(__)m>

※年末年始はメンテができないためコメント欄は閉じだせていただきます。

|

放置申し訳ありませんでした

長らく放置状態になっておりました。

本当に申し訳ありませんm(__)m

11月に体調を崩してから、すっかりネット落ち状態となりました。一旦メンドクサクなるともういけませんです。 来年は生活態度を改め気持ちを引き締めていこう、と決意。ひたすら反省しております。

昨日、最後のレッスンでした。明日までに 近日中にレッスン記を書きます。sweat01

|

レッスン記(5-3回目)

今日は先生に辞めることをお伝えしました。 あれで気持ちが折れたと言うと「誰でもよくあること」と慰めてくださいましたが右から左に抜けていました。。sweat01
「辞めてどうするの」と聞かれました。(^_^;) 先生に大きな不満があって辞めるわけでないのでいつか戻るかもしれません。

チェルニー30 22番
右手4と5の指をひたすら動かす曲。弾くこと自体は他に比べると難しくないほうです。
指の力がないから4と5で弾く音がスカスカだと思っていたら手に余分な力が入っているからだそうです。全く力を入れず弾くことはできないので弾いてすぐに力を抜くのがコツとのこと。ハードル高し。やっぱり難しいです。。catface

チェルニーも完走したかったけど・・・曲にもよりますが1曲仕上げるのに時間がかかりすぎるのです。(それでも昔に比べると早くはなったが)

持ち曲がなかったため、雑談をしても時間が余りました (^_^;) 来月のレッスンがまだあるので簡単な曲でいいから練習してきてください、と言われてしまいました。。
さて、どんな曲にしますか。smile

| | コメント (5)

体験レッスンレポート

体験レッスンに行ってきました happy01

ピアノ教室というよりも、「鍵盤道場」coldsweats01  ミュージシャンの部屋という感じのレッスン室です。

まずは譜面台に用意してある 手書きの五度圏のサークルのメジャーコードをCDのドラムのリズムに合わせて時計回り(C→G・・)と逆時計まわりに弾きました。何セットか繰り返す。。(A♭で必ずつまずきましたsweat01

弾いている時先生は音に合わせて隣でちょろちょろっとアドリブを入れてくださいます次にマイナーもやりましたがリズムに合わせて弾くと追いつかずにつまずきまくりです。

まずはサークルの任意の場所のコードに、すぐに飛べるように練習し、慣れると転回形、3音目や5音目(7th)抜き・・となり、移動ド(よくわかっていない coldsweats01)も勉強するようです。

こういった「体育会系のストイックな訓練」(先生の言葉)を半年から一年頑張って続けると、楽譜を使わず自由に弾けるようになってくるそうです。。
うーん、この理解が乏しい頭で、この年齢でできるのか?そんな魔法があるほど甘くないだろう、と疑心暗鬼にはなるものの・・まずは信じて入門するつもりです。

あとレッスンでは、好きな音楽やアーティスト、先生の活動のお話。 ビートルズが好きだと言ったら「A Day in the life」を少し弾いてくださいました。変化球の選曲happy02

で、気づけば開始から1時間30分以上も経っていました。。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


で、長くなりますが、なぜこういう方向に行ったかというと・・
茶の間でキーボードで色々な曲を遊び弾きをしていました。するとそばにいたピアノには全く興味を示さない主人から、なんとリクエストがきました。「プロコルハルムの「青い影」を弾いてくれ」と。Σ(゚д゚;)
で、ネットでコードを調べてメロは耳コピ、オルガン音色でよろよろ弾いてみたら結構楽しくて。で、「コード奏法」チャレンジしたくなったのです。 ちなみにこの曲、バッハの「G線上のアリア」がベースになっていてどうりでそっくりです。

ピアノの難しさから逃げて結局挫折みたいになるのかと悩みましたが、考えるよりやりたいようにやってみることにしました。

| | コメント (0)

体験レッスンに行く

いじけてしまい、すっかり放置状態になってしまい失礼しました。m(__)m

先週のレッスンはズル休み。。先生とお話すると立ち直りかけていた発表会の忌まわしい(笑)記憶がよみがえりそうな気がして足が遠のきました。
(いい年してちっちゃい・・) 現在は復活! 時間が癒してくれるものです。

失敗事件をきっかけに色々考えました。
現在の自分の家のピアノ環境(ほとんどサイレント、電子での練習)のことやシニア以降も気軽に幅広く弾けたらいいな。とか。

そのあたりを考え合わせ、思い切ってジャズ系の先生のお教室へ体験レッスンに行くことにしました。 え~念のため・・ジャズピアノをやるわけではありません。coldsweats01 
こちらでは現在とは違うレッスンになりそうで期待と不安が50%ずつ。今夜行ってきます。

| | コメント (6)

気分はブルース

発表会が終わった解放感から、久しぶりにキーボードを引っ張り出してきました。
プリセットされている120種(!)のリズムから「ブルース」を選び、105にテンポを合わせる。左手でベース音、右手でブルース進行のコード(C7 F7 G7)を押さえて、適当に半音進行させたりアドリブも入れつつ、のってみました。
ブルースは12小節でワンコーラス。10小節目でブレイクをかけ、今の気持ちを歌い叫ぶ。 エンドレスで止まらない。 人様にはお見せできない姿ですが、何もかも忘れられそうです。

| | コメント (2)

«発表会が終わった